東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
東京キャラバン in 京都・二条城
公開 2017.11.24視聴回数 1,836回

多種多様な表現者たちが日本各地から二条城に終結。
ジャンルを超えた“文化混流”パフォーマンスがここに。

「東京キャラバン」は、東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトとして、2015年に始まりました。劇作家・演出家・役者である野田秀樹の発案により、多種多様なアーティストが出会い、”文化混流”することで、新しい表現が生まれるというコンセプトを掲げ、それぞれのジャンルを超えたパフォーマンスを各地で展開しています。
http://tokyocaravan.jp

・2017年9月2日(土)、3日(日)19:00~20:00 世界遺産・二条城 国宝・二の丸御殿前 特設ステージ

・参加アーティスト
野田秀樹、松たか子(女優)、中納良恵/EGO-WRAPPIN’(ミュージシャン)、津村禮次郎(能楽師)、諏訪綾子/フードクリエイション(アーティスト)、佳つ菊(祇園甲部芸妓)、豆千佳(祇園甲部舞妓)、 祇園祭鷹山保存会 囃子方、村田製作所チアリーディング部(球乗り型ロボット)、青柳美扇(書道家)、津軽三味線「小山会」(小山豊、小山浩秀、小山貢将)、和太鼓「Atoa.」(高橋勅雄、高橋亮)、大谷祥子(箏曲家)、勝井粧子(箏曲家)、ストリングスチーム(揚見日南子、喜連麻衣、山本みなみ、太田かなえ、石豊久、巳崎響介)、“東京キャラバン”アンサンブル(秋草瑠衣子、石川詩織、近藤彩香、上村聡、川原田樹、黒瀧保士、末冨真由、手代木花野、福島彩子、吉田朋弘)
※「祇園」の「ぎ」は、「示」へんにて表示しているが正しくは「ネ」へん。
・参加クリエイター
名和晃平(美術・空間構成)/SANDWICH| 木村舜(美術)、服部基(照明)、ひびのこづえ(衣装)、原摩利彦(音楽)、大曽根浩範(編曲)、赤松絵利(ヘアメイク)、井手茂太(振付)、青木兼治(映像)、井上嘉和(写真)

・協力
ULTRA SANDWICH PROJECT#13(美術制作)、WLK(和小物)

・主催
東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、京都文化力プロジェクト実行委員会(京都府、京都市、京都商工会議所等)

撮影・編集:青木兼治

もっとみる
関連動画