東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
東京キャラバンin八王子(2017年9月9日10日)
公開 2018.07.19視聴回数 452回

”踊り”。それは人々の営みと歴史が刻まれた文化。
古今東西の踊りと表現者たちが出会い躍動する二日間。

「東京キャラバン」は、東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトとして、2015年に始まりました。劇作家・演出家・役者である野田秀樹の発案により、多種多様なアーティストが出会い、”文化混流”することで、新しい表現が生まれるというコンセプトを掲げ、それぞれのジャンルを超えたパフォーマンスを各地で展開しています。
http://tokyocaravan.jp

・2017年9月9日(土)14:00~17:00 公開ワークショップ
・2017年9月10日(日)11:00~12:30、14:00~17:00 参加型パフォーマンス
※「伝承のたまてばこ~多摩伝統文化フェスティバル2017~」と同時開催
八王子駅周辺特設会場(旧東京都産業技術研究所八王子支所)

・参加アーティスト
野田秀樹、近藤良平、広崎うらんと仲間たち、琉球舞踊(嘉数道彦、佐辺良和、平良大)、
仙台すずめ踊り・高橋組、ハイヤ踊り(熊本県立天草拓心高等学校郷土芸能部)、八王子芸妓衆、原宿 ストレンジャーズ(R&R.ロカビリーダンスパフォーマンスチーム)、岡本優(TABATHA)&パラパラダンサーズ、“東京キャラバン”アンサンブル(秋草瑠衣子、石川詩織、近藤彩香、上村聡、川原田樹、黒瀧保士、末冨真由、手代木花野、福島彩子、吉田朋弘、下司尚実、野上絹代、光瀬指絵)、八王子にぎやかし隊(香取直登、ぎたろー、安田有吾、安部萌、岩坪成美、小澤閲子、河合祥子、五月女侑希、しんしゆか、中井沙織、福島梓、宮内愛、山下真由美)ほか

・ジャンル
仙台の踊り、沖縄の踊り、熊本の踊り、
50年代~現代までの踊り(ロカビリー、パラパラ、ジュリアナほか)

・参加クリエイター
日比野克彦(やぐらデザイン)、SANDWICH|木村舜(美術)、ひびのこづえ(衣装)、青木兼治(映像)、ヤマダユウジ(ドローン空撮)、井上嘉和(写真・ダンボールお面ワークショップ)、前田麻里(衣装ワークショップ)


・主催
東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

・協力
八王子市、公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団


撮影・編集:青木兼治

もっとみる
関連動画