東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
総量削減義務と排出量取引制度~テナントの省エネ対策~
公開 視聴回数 1,198回

都内のCO2排出総量の削減を実現するため、東京都は、「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」を導入しました。この制度は、EU等で導入が進むキャップ・アンド・トレードを我が国ではじめて実現したものであり、オフィスビル等をも対象とする世界初の都市型のキャップ・アンド・トレード制度となります。
本制度では、事業所の所有者(ビルオーナー等)に削減義務がかかりますが、テナントビルが多い東京においては、事業所のエネルギー使用量の6割?8割を占めるテナント事業者の協力が不可欠です。
この動画では「テナントの省エネ対策」について説明いたします。

もっとみる
関連動画