東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
#24689
令和3年度アスリートのデュアルキャリアセミナー【アーカイブ動画】
公開 2022.05.24視聴回数 184回

アスリートや指導者などの様々な視点から、「アスリートのデュアルキャリア」について、有識者の皆様によるディスカッションを行った際の動画です。
これからは「競技を極める」だけでなく、スポーツ選手としてのキャリアと引退後を含む人生設計を同時に考える「デュアルキャリア」という考えを持つことが大切です。
 ※本動画は、令和4年2月3日に撮影したものです。

◆セミナー内容
<基調講演> 野口 順子 氏
03 : 30頃~ 「デュアルキャリアとは」(約18分)

<パネルディスカッション> 野口 順子氏、二ノ丸 友幸氏、今井 隆生氏、宇山 賢氏
23:27頃~「デュアルキャリアの実践例」(約8分)
31:57頃~「デュアルキャリアを意識した指導の重要性」(約7分)
38:52頃~「選手と指導者のコミュニケーションの取り方」(約5分)
44:18頃~「デュアルキャリアを指導に取り入れるメリット」(約9分)
53:30頃~「タイムマネジメントの大切さ」(約3分)
56:26頃~「デュアルキャリアをどのように広めていくか」(約10分)
1:06:33頃~「デュアルキャリアを実践する中で競技に与えた影響」(約4分)
1:11:22頃~「海外と日本のデュアルキャリア教育の違い」(約4分)
1:14:49頃~「参加者へのメッセージ」(約7分)
【野口氏】 デュアルキャリアの推進は、アスリートの競技力の向上だけでなく、ウェルビーイグやスポーツの価値向上につながる
【二ノ丸氏】アスリートと言えども、24時間、競技を行うわけではない。ホワイトゾーンである競技以外の時間に何か打ち込むことが競技力向上はもちろん、人間力向上、ひいては人生の豊かさにつながる
【宇山氏】 大学卒業後、競技を諦めて就職するも、色んな縁や人々の理解によって競技を継続。
より充実した環境を求めて再就職し、競技と業務の両立を目指しつつ活動できた
【今井氏】 競技は人として成長する一つの手段で、競技が人生の全てではない
教師として、生徒には競技の先の一歩先、半歩先を考えてもらえるよう指導したい

もっとみる
関連動画