東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
#26285
家を断熱すると健康になる!?
公開 2022.10.20視聴回数 366回

家を断熱すると、住宅の省エネ性能が高まるだけでなく、健康への好影響も期待できることがわかってきました。

・家の断熱性能が高まると夏は涼しく、冬は家中が暖かくなる
・ヒートショックのリスクを軽減
・起床時の血圧低下が期待できる
・窓・ドアのリフォームは東京都から補助金

▼窓の断熱リフォームには東京都から充実した補助金が出ます!
【例】既存住宅で高断熱窓に改修した場合
費用総額 45万円 ➡︎ 実質負担額 15万円
30万円は東京都と国の補助
※集合住宅(3LDK)の居室用窓4枚を断熱改修した場合の試算
※国の補助は「既存住宅の断熱リフォーム支援事業 ( http://www.heco-hojo.jp/yR03/danref/index.html )」による補助金を活用した場合

▼断熱リフォーム実施者の声
 ○内窓をつけたことで、以前と比べて寒さを感じにくくなりました
  野村不動産パートナーズ株式会社 「エコリフォーム事例」より
 ○暖房・冷房の効果が増し、光熱費の節約にもなっています
  一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会 「断熱リフォーム消費者アンケート結果」(2019年度版)より

▼詳しい情報はこちらのサイトから
https://zeroemission-life.metro.tokyo.lg.jp/
Tokyo Warm Homeでは、HTT〈Ⓗ減らす Ⓣ創る Ⓣ蓄める〉をキーワードに、都民のエネルギー利用に係る行動変容が加速するよう、家庭向けに様々なメニューを用意して、展開していきます。

家の断熱性能を高めて、冬は暖かく夏は涼しい家に!
健康で快適な暮らし、そして電力を減らすことにもつながります。

もっとみる
関連動画