東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
パビリオン・トウキョウ2021 茶室「五庵」 メイキング編 PAVILION TOKYO 2021  Tea House “Go-an” Behind the scenes
公開 2021.07.23視聴回数 722回

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 パビリオン・トウキョウ2021 
藤森照信氏による、茶室「五庵」 メイキング映像
設計:藤森照信
1946年生。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。現在、江戸東京博物館館長、東京大学名誉教授、工学院大学特任教授。近代建築史・都市史研究を経て1991年、45歳のときに〈神長官守矢史料館〉で建築家としてデビュー。土地固有の自然素材を多用し、自然と人工物が一体となった姿の建物を多く手掛けている。建築の工事には、素人で構成される「縄文建築団」が参加することも。代表作に〈タンポポハウス〉、〈ニラハウス〉、〈高過庵〉など。近作に〈多治見市モザイクタイルミュージアム〉や「ラ コリーナ近江八幡」の〈草屋根〉、〈銅屋根〉などがある。

Terunobu Fujimori / Tea House “Go-an" Behind the scenes
Born in 1946. He got his phD from the University of Tokyo. Now he is a director of Edo Tokyo Museum, a professor emeritus of the University of Tokyo, and a professor of Kogakuin University. After a long career as a researcher of modern architectural history and urban history, he debuted as an architect with Jinchokan Moriya Historical Museum in 1991, when he was 45 years old. He creates architectures in which nature and artifacts integrate. "Team Jomon Architeture," consisted of amateurs, sometimes helps to construct his work. His representative works are Tanpopo House (Dandelion House), Nira House (Leek House), Takasugi-an Tea House, and more. e. Recently he completed Mosaictile-Museum Tajimi and Kusayane and Douyane in La Collina Omi-Hachiman.

もっとみる
関連動画