東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
環境シンポジウム「データセンターの省エネ化」1開会挨拶・基調講演
公開 視聴回数 431回

東日本大震災を受けて、企業は地震や津波といった自然災害リスクへの備えをあらためて問われている中、昨夏は全国的な電力不足により、どの企業も節電対応に追われました。一方でデータセンターは、情報システムを効率的に運用する観点から、社会インフラとしての重要性が増していますが、今後も電力不足が見込まれることから、より一層の節電・省エネ対策が求められています。こうしたことから、東京都では平成23年11月25日に竹芝ニューピアホールにおいて、シンポジウムを開催し、東京都の取り組みの方向性や、これから企業が取り組むべき節電・省エネ対策について、具体的な事例を紹介しました。
 東京都環境局長大野輝之による開会挨拶の後、東京都環境局環境都市づくり担当部長・山本 明が、「節電の夏を越えた今、電力使用のあり方とデータセンターの役割を考える」をテーマに基調講演を行った模様になります。

もっとみる
関連動画