東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
令和2年4月6日 東京都新型コロナウイルス感染症最新情報 ~小池知事から都民の皆様へ~<アーカイブ版>
公開 2020.04.06視聴回数 10,075回

<概要>(知事発言部分のみ掲載。口述筆記ではありません)
こちらは新宿東京都庁。都知事の小池です。
4月3日から、ほぼ毎日、18時45分から新型コロナウイルスに関する最新情報等東京都の情報をお届けするため、「東京都新型コロナウイルス感染症 最新情報」のライブ放送をお送りしています。毎週金曜日は英語でも放送いたします。
東京都 ホームページのサイトの東京動画をベースに、私自身がライブで配信を行います。
新型コロナウイルスを「正しく恐れる」ため、都民の皆様の不安を解消し、一日も早く平穏な日常を取り戻すため、様々な手段で迅速に情報をお届けして参ります。
この週末は2日続けて、感染者数が大幅に更新されてしまいました。
新型コロナウイルス感染症の本日の最新の状況です。
本日、18時時点で、陽性者数83名となっております。
また、本日は国による「緊急事態宣言」の発令に向けての準備について伝えられております。
この件についての都の取組、準備そして都民の皆様へのお願いなどの詳細はこの後9時半から予定しております、都庁記者会見場からお伝えいたします。
皆様に改めてお伝えします。緊急事態宣言が発令されましても、食料品や医薬品などの生活必需品をお買い求めになるための外出は可能です。お店もやっております。ご安心下さい。買いだめ、買い急ぎは必要ございません。また在宅勤務をできるだけ活用し、通勤は最小に留めていただきたい。その旨よろしくお願いいたします。
その他 詳細はこの後、記者会見でお伝えします。
本日は、東京都医師会 尾崎会長にいらしていただきました。

(尾崎様との対談部分 省略)

先ほど 東京都医師会独自での医療的「緊急事態宣言」を発表されました。
また、緊急事態宣言の準備について動きがございましたが、詳細は、この後記者会見で詳しくお伝えいたします。
さて、本日は医療提供体制の強化等にかかる補正予算についてお伝えしたいと思います。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く深刻な状況を踏まえ、医療体制の強化等にかかる令和2年度補正予算をとりまとめました。
具体的には、都内の患者の発生状況が高水準で推移していることを受け、原則として6月までの医療提供体制を緊急に整備するというものでございます。加えて、学校の臨時休業への対応なども実施をするということでございます。  
第一に、「外来診療体制の強化」として、8億円を計上し、新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)の受入体制を強化いたします。
第二に、「民間検査機関等を活用したPCR検査等体制の充実」として、8億円を計上いたします。
第三に、「新型コロナウイルス感染症患者受入体制の拡充」に、118億円、病床数合計4,000床を確保するための予算でございます。
また、医療供給体制のひっ迫に伴い、無症状や軽症の方1,000人を受け入れるためのホテル等の施設を宿泊療養のために確保いたします。
なお、受け入れは明日4月7日から始まります。
第四に、原稿:「重症患者に対応した医療体制の充実」に、73億円を計上し、医療機関の体外式膜型人工肺、ECMO(エクモ)等の整備を加速させます。
第五に、「学校臨時休業への対応」に13億円。こちらは、学童クラブを午前中から開所する場合の運営費を都独自で補助するという制度でございます。
第六に、失業をされて家を失ってしまい、行き場がなくなってしまう方のための一時住宅等の提供に12億円を計上いたします。
以上が補正予算の内容でございます。
現下の状況を踏まえ、今回の専決処分により、予算を確保して、直ちに実行いたします。
昨日、一昨日は、多くの商業施設や飲食店が営業を自粛いただいた他、多くの都民の皆様にも不要不急の外出をお控えいただくなど、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、ご協力をいただいております。
ウィークデイになりましたが、通勤等できるだけ在宅勤務等で工夫していただきますよう、引き続きご不便や不自由なことが多いと思いますが、改めて申し上げます。命がかかわっている問題でございます。何とかこの感染拡大を抑えたい。この認識を皆さまと共有し、一丸となってこの国難といえる状況を乗り越えるべく、皆さまお一人お一人のご協力を引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。
ご視聴誠にありがとうございました。

もっとみる
関連動画