東京の“いま”がわかる。東京都公式動画チャンネル!

Menu
#35214
【東京iCDCフォーラム<第2部>】 講演 セッションB
公開 2024.03.04視聴回数 192回

令和6年1月27日(土)開催<第2部>
【セッションB】 
座長:中島一敏先生(大東文化大学)、菅原えりさ先生(東京医療保健大学大学院)

④後遺症タスクフォース
0:00~22:08
「新型コロナウイルス感染後遺症の国際的な動向と後遺症タスクフォースの取組」
演者:小坂健先生(東北大学大学院)
新型コロナウイルス感染後遺症は、未だ不明なことも多く、確立した治療法もなく、国内外で研究が進められている。
本報告では、現時点における最新の研究内容等の国際的な動向とともに、東京iCDC後遺症タスクフォースが実施している取組について紹介する。

⑤検査・診断チーム 
22:09~32:37
「東京オリンピックにおける新型コロナウイルスの検査ー安全かつ安心な開催を目指してー」
演者:柳原克紀先生(長崎大学大学院)
東京2020大会は、前例のないコロナ禍での開催であった。安全かつ安心な大会を実現するため実施した、コロナ対策の取組、特に選手を含めた海外からの入国者へのスクリーニング検査の実施に向けた関係者間の調整状況とその評価について紹介する。

32:40~43:36
「東京都によるPCR等検査精度確保への取り組み」
演者:石井良和先生(東邦大学)
検査においては、結果の信頼性の確保と能力の維持・向上が重要である。都では、衛生検査所や医療機関の検査能力の維持・向上を目的として精度管理調査を実施している。
今回は事業内容と実施結果について概説する。

⑥感染制御チーム
43:37~
「感染症有事に向けた平時からの対応」
演者:國島広之先生(聖マリアンナ医科大学)
新型コロナのパンデミックでは、医療・社会福祉施設、行政が連携して感染対策を行なうことが重要でした。
今後の新たな感染症、災害などの有事のためにも、平時からの最新の情報の共有、連携強化がより一層大切です。

もっとみる
関連動画